とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

本当に伝えたい事

とうほく食育実践協会は、ただ今
食育フェスと6月22日の映画上映会に向けて
走り出しております。

映画上映会スタッフ全員、いらした方に
楽しんで頂けるよう、あれやこれやと
考えています!

そして、1人でも多くの方に
「いただきます~みそをつくるこどもたち」
という映画を見て頂きたくてウズウズしております(笑)。

何故ならこの映画は
私達がとても大切に思っている事、
そしてこの先もずっと
大切にしていきたいと思っている事が
描かれている映画だからです。

本当に伝えたい事を言葉にするという行為は
とても難しく、もどかしい思いをされた経験は
恐らくどなたも1つや2つ、あるのではないでしょうか。

上手く言葉にしたつもりでも
人によって解釈はそれぞれですし
自分がよかれと思っても
相手には全然響かなかったり。

だからこそ、あの手この手と色々な角度で
人は「伝える」という行為をすると思うのですが、
この「いただきます」という映画は
私達の大切に思っている事を、とても分かりやすく
伝えてくれているのです!

本当の意味での「食べるとはどういう事か」
という事を伝えてくれていると私は思っています。

さて・・・、
食べる事の本当の意味って???
と少しでも思ったあなた!

その答えを是非、この映画で見つけて下さいませ!

「食べる」事の意味、きっと
言葉で聞いただけなら「そうだね」
で終わると思うのです。

けれど、この意味を身体の奥底で感じたとき、
その意味はどこまでも深く、
繋がり、そしてどこまでも広がっていき、
だからこそ言葉で伝える事が難しく、
それ故にとてもシンプルな言葉になってしまうという
摩訶不思議な現象が起こってしまうのではないのかと
思うのです。

人は食べるからこそ生きていける。

生きるためには食べる事が必要。

この映画で沢山の事を感じ取って頂けたのなら
私達はとても嬉しいです。

6月21日まで前売り券発売中です!
22日当日も、当日券があります!
(前売り券のお申込みはこちらからどうぞ

そして会場でお会いできます事を
スタッフ一同、心よりお待ちしております!



















[PR]
# by touhoku_syokuiku | 2018-06-18 17:11 | 映画上映会

食育フェス 梅仕事 終了ご報告

6月12日に3回目の食育フェスが
終了しましたのでそのご報告です。

3回目のテーマは「梅」。
b0297136_16133853.jpg
年に1度のこの季節がやってくると
なんかこう、ワクワクするのは私だけでしょうか(笑)。

梅の良い香りに包まれながら、今日は
梅シロップ、梅酒、梅味噌の3種類を作りました。

まずは梅シロップから。

洗ってヘタを取り、爪楊枝で穴を開けていきます。
b0297136_16133031.jpg
そして瓶の中にいれたら、そこへ砂糖を入れ
(今回使った砂糖は「花見糖」という砂糖です。
花見糖についてはまた後ほどお伝えします)

完成!
b0297136_16131357.jpg
砂糖が少しずつ溶け、梅のエキスを
ジワジワと引き出してくれるはずです。

この「待つ」時間も楽しみの1つですね!


そしてお次は「梅酒」へ。

梅と氷砂糖、そしてホワイトリカーを入れたら完成です。
b0297136_16130944.jpg
梅シロップといい、梅酒といい、本当に
あっという間にできてしまいますし、
その上、これからジメジメとした梅雨に入り、
そして暑い時期がやってくるこれからの季節に
梅パワーは力強い見方になってくれるはずです。


そして最後は梅味噌!

味噌は鎌田醤油店のお味噌を使いました。
b0297136_16132212.jpg
この味噌+梅がなんとも美味しいのです!

梅と味噌、砂糖を交互に入れ、後はそのまま待つだけ。

b0297136_16130315.jpg
今はこんな感じでも、時間が経つとこのようになります。
b0297136_16125847.jpg
シャバシャバな感じになるのですよ!

これを焼きおにぎりや、ニンニクなどを加えて
焼肉のタレにすると美味しいですよ~!と言う
講師の言葉に、皆さん、目がキラキラしておりました。

出来上がりが楽しみですね!

どうぞ色んなアレンジをしてみて下さい。

さて、一通り作り終えた所で
その後は梅酒を使った料理と梅味噌を使った料理の
デモンストレーションがありました。

梅酒は飲むだけではなく、料理にも使えるのです!

鶏肉を使った料理を紹介したのですが、
b0297136_16124667.jpg
タコ糸で縛った鶏肉に(縛らなくても勿論
美味しくできます!)
梅酒を入れ・・・
b0297136_16124200.jpg
水と調味料も入れていきます。
b0297136_16123963.jpg
それを焦げないようにじっくり火を通し
水分を飛ばしていきます。
b0297136_16122576.jpg
そして完成したのがこちら!
b0297136_16122120.jpg
この料理、ものすごく美味しいのです!

簡単なのに、ものすごく美味しいのです!

今回は更に梅味噌をドレッシングのように
サラダと焼いた鶏ムネ肉にかけ、頂きました。

とても簡単なのに美味しい梅の保存食は
アレンジも実は色々とできるのです。

皆さん、梅の季節をどうぞ楽しんで下さいね。

さて、今回は梅の話の他に砂糖の話も
食育実践協会の理事長よりあったのですが、
皆さんは砂糖にはどんなイメージがありますか?

砂糖には色んな役目があります。

保存する役目だったり
ツヤをだしてくれたり
硬くなるのを防いだりと
その役目はとても幅広いものがあります。

そして砂糖=甘い、という事は
どなたでも分かる事だと思うのですが、
この「甘い」というのは砂糖だけではなく、今の世の中
いろんな種類のものがあるのをご存知でしょうか?

そう、人工甘味料です。

人工的に作られたものは
今ではほとんどの食べ物(加工品)に
使われている事が多いのですが、その安全性は
残念ながら「絶対に大丈夫!」と
胸を張って言えるものではありません。

人体に対する危険性は勿論の事、
遺伝子組み換えの事が気になるものもあります。

ちなみに、本日使った花見糖なのですが、
b0297136_16132607.jpg
こちらの花見糖は国産さとうきびのみを使用しており、
この褐色の色も三温糖のように加熱時に付いた色ではなく
原料の色です。

なのでとてもコクがあって美味しいお砂糖なのです。

私達食育実践協会としては、数ある甘味料の中でも
安全で美味しい砂糖を選んで欲しいと願っています。

私達は「花見糖」という砂糖を使いましたが、
きっと世の中には色々な砂糖があり、勿論
安心で美味しいこだわりの砂糖もあると思いますし、
残念ながらそうではない砂糖もあると思います。

砂糖に限らず、それがどういう流れで
作られているのか、それを知る事は
生産者にとっても消費者にとっても大切な事です。

そして、加工されているものは特に
商品を手にとったら一度立ち止まって
「この商品には何が入っているのだろう?」
と気にしてみると、また見え方が違って
くるように私は思います。

そして、一生懸命良いものを作っている方を見つけたら
是非応援してほしいと思いますし、何より自分で
作る事の楽しさと美味しさと安心さを沢山
共有できたのなら、こんなに嬉しくて
楽しい事はありません。

自分が作ったものがとても美味しく出来て、
それを誰かと共有する。

それはとても豊かな時間であると思います。

今回使った材料も、生産者の方々が一生懸命に
作って下さったものです。

梅も減農薬のものですし、味噌も砂糖も
鶏肉も野菜も、生産者の方々が懸命に工夫をし、
時間をかけて美味しさを追求したものです。

簡単に減農薬や無農薬、品質の良いものを、
と言ってしまっていますが、そこまでのものを
提供するには技術(知識や工夫)がいります。

だから、その部分は決して忘れてはいけないと思っているし
そしてその技術は支え守っていかなくてはいけないと
私達は思っています。


さあ、次回は7月5日、スタミナ料理です!

こちらは大変お申込みが多くキャンセル待ちの方も
多数いらっしゃいます。
(定員に限りがあるため、お断りをする方もいらっしゃると
思います。本当に申し訳ありません)

順次ご連絡をさせて頂きたいと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。









[PR]
# by touhoku_syokuiku | 2018-06-13 11:44 | 食育フェス

千歳館料理教室のご案内

早くも6月に入りましたね。

NPO法人食育実践協会は、6月12日の食育フェス、
そして22日の上映会、7月5日の食育フェスと
それぞれの企画に向けて走っております。

そして、皆様にお知らせです!

千歳館の特別料理教室が7月9日(月)に
開催される事になりました!

過去の様子はこちらをご覧ください。
↓↓↓
第三回 千歳館 料理教室終了ご報告

その料理教室の内容はというと、
決して堅苦しいものではなく、どちらかと言えば
まるでエンターテイメントの様な面白さがあり、
(若旦那のトークがまた面白い)
かと言って楽しいだけではなく、プロの技や調味料の配合など
惜しげもなく教えて下さるという、実に充実感のある内容なのです。

今回の内容を少しお伝えすると・・・、
「山形牛と短角牛の食べ比べ」
があるようですよ!!!!!

他にも暑い夏を乗り切るための
料理を若旦那は考えているようです。

どうぞお楽しみに!

・・・そして料理教室と言えば試食(笑)。

試食、といっても、軽いものではなく
しっかりとしたコース仕立てなのですが、
1つ1つが何とも言えぬ美味しさなのです!

しかも今回も試食時は、重要文化財として登録されている
千歳館本館にて頂く事ができます。

この特別な料理教室、是非是非ご参加下さい!

お申し込み方法は、ホームページのイベント欄の
「料理教室」から入って頂き、「お問合せ」
のボタンからどうぞ!








[PR]
# by touhoku_syokuiku | 2018-06-08 15:28 | 美味いもの研究会

第二回 食育フェス終了ご報告

5月25日、第二回食育フェスの
「春はたまご」の企画が終了致しました。

沢山のご参加、ありがとうございました!

今回はこだわりの美味しい卵を作られている
花兄園(かけいえん)の「花たまご」と大郷みどり会の
「平飼いこめたまご」と
こだわりのお米で丁寧に米粉を作られている
わ・は・わ味明(社会福祉法人みんなの輪)の「米粉を」使って
色々なものに挑戦致しました!

詳しくは後ほどご報告致しますが、
まずは、この企画はあいコープみやぎ共生会の
協賛で行われており、始めに共生会副会長の
阿部さんよりご挨拶を頂き・・・、
b0297136_08000537.jpg
そして、「社会福祉法人みんなの輪」の相澤さん、
「花兄園」の大須賀さんよりご挨拶を頂きました。
(「社会福祉法人みんなの輪」と「花兄園」についても
後ほど詳しくお伝えいたしますね)


そしてさっそくデモンストレーションに入っていきます。

今回の食育フェスは食育コンダクターが
作り方などをお伝えしました。

まずはカスタード作りから!(すみません、写真がボケております)
b0297136_07595157.jpg
多くの方はカスタードクリームを作る時
小麦粉を使われるかと思うのですが、今回は米粉を使います。

米粉でもカスタードクリームができるのですよ!
しかもこちらのカスタードクリームは全卵で作ります。

あっと言う間にカスタードクリームが完成し、
お次はクレープへ・・・。

こちらのクレープも米粉を使います。
b0297136_07592673.jpg


米粉だとダマになりにくく混ぜやすい、と
試作を重ねたスタッフの情報を聞きながら
皆さん一生懸命メモと取っていました。

b0297136_07592036.jpg
実は米粉の使い方は幅広く、ああ、こんな事にも
あんな事にも気軽に使えるのね!と感じて頂ければ
とても嬉しいです。

そして米粉のクレープ、美味しいですよ!
そもそも卵が美味しいので間違いなし!

b0297136_07591663.jpg
そして先ほどのカスタードクリームと
果物で盛り付けると・・・完成!!!
b0297136_07581836.jpg
さて、、ここまでの説明後、皆さんにクレープを
実際に焼いて頂きました。

b0297136_07585261.jpg
おおっ!良い感じです!

そしてその後は煮卵のデモンストレーションを
行ったのですが、こちらは茹で時間によって
どの位卵の硬さが変わるのかを見て頂きました。

b0297136_07570712.jpg
お好みの硬さの時間を見つけて
あとはご家庭で実践してみて下さいね!

さて、こちらのゆで卵を作っている間、
卵の生産者である花兄園の大須賀さんより
卵のお話をお伺いしました。

b0297136_07580070.jpg
食の裏側と言うものは、私達消費者が
積極的に知ろうとしない限り、知る事が
どんどん難しくなってきているように思います。

日常の食卓に欠かせない卵が一体どんな
鶏から生まれたものなのか、どのように
育てられたものなのか、どんなエサを食べているのか
知る事はとても大切な事であると思います。

何故なら、食べ物で私達の身体は作られていて、
食べ物の影響を私達はダイレクトに受けているし
受け続けているからです。

そして、生産現場から見える一つの事実から派生して
色んな事を考えるきっかけにもなるのではないでしょうか。

特に卵は親鳥が食べたものに、とても影響をうけます。

ちなみに花兄園の卵はとても安全な餌で育てられた
健康な鶏です。

餌であるトウモロコシや大豆は、
遺伝子組み換え無しの上、
ポストハーベストフリー(収穫後無農薬)
というこだわりよう!

これは本当にすごい事だと思います。

そして震災後は玄米の配合率が20%に。

花兄園の卵は、安心して食べてもらうために
沢山の努力(恐らくそれは、私達の想像を
超えるものだと思います)をなさっていて、
頑張って卵を作ってたにも関わらず、
震災後、農場の7割程度が閉鎖されるという
危機に陥ったそうです。

私にはとても想像できませんでした。

困難のスケールがあまりにも大きくて
それを想像する事すら私には出来きなかったのです。

でも、そこから大須賀さん達は立ち上がって下さり、
立ち上がって下さったからこそ、私達は花兄園さんの卵や
花兄園さんの卵を使ったプリンやマヨネーズを
食べる事ができるのです。

こんな有難い事ってあるのでしょうか。

是非、こちらに書かれているの大須賀さんの思いも
読んで頂けたらと思います。

大須賀さん、いつも本当にありがとうございます!

そして!
なんと今年の秋から加美町に雛鶏育雛場が完成するため、
完全無薬が復活する予定だそうです!

心の底から応援しております!


さて、話はクッキングへと戻ります。

ラストはオムライス!

今回は簡単に作れるオムライス、という事で
お伝えする方法は本当にあっという間に作れる方法。

鍋にバターを入れ、溶けたら・・・
b0297136_07575040.jpg

卵を一気に流し込み・・・
b0297136_07575425.jpg
1、2、3、と大きくかき混ぜゴムベラで卵を集め
b0297136_07571925.jpg
あらかじめ用意したご飯の上に載せます。

b0297136_07571396.jpg
あとは真ん中からナイフを入れて完成!
b0297136_07565637.jpg
オムライスは参加者の皆さんにも
作って頂いたのですが、皆さんお上手でしたよ!
b0297136_07570218.jpg
さて、作ったものも完成し、そろそろ試食の時間です。
b0297136_07565008.jpg
皆さま、本当にお疲れ様でした!

各テーブルから聞こえてくる「美味しい~!」のお声が、
私達にとって何より嬉しいのです。

さて、お腹も満たされた頃
社会福祉法人みんなの輪の「わ・は・わ味明」
の相澤さんより米粉のお話をお聞きしました。
b0297136_07564519.jpg
社会福祉法人みんなの輪には沢山の事業所があります。

その一つに「わ・は・わ味明」があり、
こちらで今回使用した米粉は作られています。

そしてこちらの米粉を使って
「パン工房わ・は・わ」にて美味しい米粉の
パンが作られています。
(モチっとしていて本当に美味しいパンです!)

さて、こちらのお米は大郷みどり会のお米を
使用しており、なんと10㎏のお米を1時間半かけて
製粉しているのだそうです。

「障害のあるなしにかかわらず
誰もが安心して暮らせる
地域社会をめざして」

こちらは社会福祉法人みんなの輪の理念。

誰もが安心して暮らせるように
様々な工夫をし、そして丁寧に作業をしていく。

お話を聞いていて、そんな様子がふと浮かびました。

美味しい美味しいと頂いている今の米粉パンも、
現在に至るまで沢山のドラマがあったそうで、
試行錯誤の繰り返しだったそうです。

一つの製品を作る事って、私達が思う以上に
沢山の時間と思いと努力があるのだなと
改めて思いました。

そういう思いや背景、そして今ある商品が
どのように出来ているのかを知る事によって
商品がさらに身近になりますし、大切に思えてきます。

私達食育実践協会は、これからも生産者と
消費者が近づく場を作っていきたいと思っております。

今回参加して下さった皆様、
ありがとうございました!

次回の企画は6月12日の「梅仕事」です。

1年に1度の梅の季節を楽しみましょう!











[PR]
# by touhoku_syokuiku | 2018-05-31 12:36 | 食育フェス

6月、7月食育フェス満員御礼とシステム変更について

4月から始まった食育フェス。

6月と7月の講座申し込みを受け付けて
いたのですが、お陰様で定員に達しました。

ただ今キャンセル待ちでお受けしている状態です。

そして、7月からシステムが変わりますのでお知らせです。

7月の講座から、講座のお支払いを前払いと
させて頂きます。

これにはいくつか理由があり、
一つはキャンセルによる食材のロスを防ぐためです。

実は私達は1週間前にはもう、食材を用意しております。

それらの食材は生産者の方々がとても大切に
作られたものであり、それらの食材を私達は
1人でも多くの方に食べて頂きたいと思っております。

そのため、少しでもロスを減らしたいのです。

あともう一つは、なるべく一人でも多くの方に
この講座を受けて頂きたいため、キャンセルが出た
時点でキャンセル待ちの方に早めに席をお譲りしたいためです。

以上の事から、お支払いのシステムが変更になりました。

どうぞご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。

それで実際にどのように変更になったかと言うと、
7月の講座をお申込みされた方には
後ほど郵便振り込み用紙をお送り致します。

こちらの指定する日付までに振込をして頂き、
協会の方で確認後、受付完了となるのですが、
指定する日付までにお支払いが無い場合は
大変申し訳ありませんが、キャンセルと見なし
キャンセル待ちでお待ちの方に席を譲るという
形を取らせて頂きます。

詳しくはホームページにも記載致しますので
そちらもご覧頂ければと思います。

何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。







[PR]
# by touhoku_syokuiku | 2018-05-24 15:53 | 食育フェス