人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

自分の身体の国産比率

変なタイトルですね(笑)。

1月23日に11回目の食育コンダクター養成講座が行われました。

タイトルは「農業の現状と課題」で
大郷グリーンファーマーズ代表の郷右近秀俊さんに
お話をして頂きました。
(いつもは写真を撮るのですが、忘れてしまいました。。。)

「日本の食料自給率は低い」
という話は恐らく多くの方が聞いたことがあるかと思います。

実際、現場にいる生産者さんの視点から見ても
農業と取り巻く環境というのは色々と厳しい面が
あるようです。

例えば食生活の変化や人口減少により
お米の需要が下がってきている事、
家庭で求められているお米の種類に
国産が対応できていないのではないか、
生産者さんの高齢化問題・・・などなど。

これらの課題に
では、どうすればよい方向に向かうのかと真摯に考え
取り組んでいる姿に、話を聞きながらも頭が下がる思いでした。

さて、現在の私達の食卓は昔に比べとても
豊かなものになった事は間違いないのですが、
それらが国産かどうかと問われると、多くの物が
海外産に頼っているという事実があります。

身体は食べ物で出来ていますが、「どこの国のものを
食べているのか」という視点で見ると
実は私達の身体は多くの海外の作物で出来ていると言っても
過言ではないのかもしれません。

それらが全て悪いのかと問われれば
それは違うと思うのですが、ただ、
もう少し国産の力を上げる事は必須ではないかと思います。

食物を他の国に依存するという事は
自分の国にとっても、相手の国にとっても
あまり良いものではありません。
(参考までにこちらもどうぞ)
食べ物の「向こう側」
巡り巡ったその先は・・・

自分達の国で作られた作物を守ったり、
そしてそれを作っている生産者を守るためには
どうしたらいいのでしょう?

色んな難しい話が出てくるかもしれませんが・・・、
実はとても身近で簡単な方法があります。

それはなるべく国産の物を買う事であったり
(全ては難しいとは思いますが)国産を意識
してみる、という事。

私達消費者1人1人の「選んで買う」という行為が
日本の農業を守る事に繋がり、小さな1歩が集まれば
それは大きな1歩に繋がり、広がると思うのです。

国産は海外の物に比べれば価格が高い、と切り捨てるのでは
なく、もし価格が高いと思うのであれば、
何故なのか?という視点を持ってほしいと思います。

そこには並みならぬ努力と労力と愛情、そして
安心と美味しさが詰まっていると分かった時、
それは「価格」という価値を超えるように思うのです。

そしてそれは逆の現象をも引き起こします。

それが「何故こんなに安いの?」という疑問。

・・・本当に大切な事は、目に見えない事の方が
多いのかもしれませんね。














by touhoku_syokuiku | 2018-01-29 14:43