とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

自分好みのお茶を入れる

三回目の食育コンダクター養成講座が
9月25日に行われました。

今回のテーマは「味覚」。

味覚の中でも今回は「煎茶」について
学びました。(「味覚」のテーマは2つあり、
もう一つは「だし」についてです)

教えて下さったのは山形にある
(株)岩渕茶舗の社長である
岩淵正太郎さんと、息子さんの
岩淵正美さんです。
b0297136_14124118.jpg

お話を聞いていると、
「美味しくお茶を入れるという事には科学的な裏付けがある」
という事が分かり、とても面白いのです。

煎茶は自分好みに淹れる事ができるのです!
b0297136_14125044.jpg

今日はお茶がお湯の温度によってどれだけ味が変わるのかを
実際にお茶を淹れて味わい、確かめながら進めていきました。
b0297136_14123487.jpg

煎茶はお湯の温度で味がガラリと変わるのですよ!!!

受講された皆さま、その味の違いに
驚かれたのではないのでしょうか。

温度が低ければ低いほど甘く
そして高ければ高いほど苦い。
(講座内ではもっと厳密な温度の事を教えて下さいました)
b0297136_14122550.jpg

その事を知って実際に味わったという事は
自分の好みのお茶の味と、
その味を出すためのお湯の温度を探す事ができるし、
好きな味を出せるという事になります。

これってとってもワクワクしませんか?

更に言うならば、その日の気分に合った
煎茶の味を出せるという事でもあります。

美味しいお菓子がある時は少し苦みが
合った方がスッキリするよね、などなど。。

b0297136_14130906.jpg
岩淵さんのお話をお聞きして
日本人で良かったなあと
しみじみ感じてしまったのは
私だけかもしれませんが(笑)、
1つのお茶の葉で、これほどまでに
バリエーション豊かに味を変えられるって
中々無いと思うのです。

そして自分だけのために自分好みの
お茶をいれたり、家族や友人のために
「今日はどんなお茶がいい?」
とお茶を淹れる時間というのは
とても豊かな時間であると思います。

煎茶の魅力に改めて感動した時間でした。

さて、現在はお茶を淹れて飲まれる方が
少なくなってきているそうです。
(ペットボトルのお茶で済ます方が
増えているとの事)

本当に勿体ない事です。

受講された皆さま、どうぞこれを機に
美味しいお茶を自分のため、
そして家族やお知り合いの方のために
お茶を淹れる時間が増える事を願っています。

ホッとする幸せなひと時を作り出す事は、
食に関わる者としてとても大切な事だと思うからです。

そして!山形に行かれた時は是非
岩渕茶舗(お店の名前は「茶呑み処 いわぶち」)
へ足をお運び下さい!
茶呑み処 いわぶちfacebookページはこちらからどうぞ)
美味しいお茶だけではなく、
美味しいスイーツもありますよ!


さて、次回の養成講座は10月2日(火)です。

次回の講座もお楽しみに!







[PR]
by touhoku_syokuiku | 2018-09-25 15:29 | 食育コンダクター養成講座 初級