人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

梅仕事

6月4日に食育フェスの「梅仕事に挑戦!青梅編」が終了しました。

b0297136_15453292.jpg
年に一度のこの季節、梅を見ると毎年
「ああ、この季節がやってきた」と
嬉しくなるのですが、今回の食育フェスでは
「青梅をたべる」をテーマに青梅のコンポートや
「待つ楽しみ」を味わう梅酒を参加者の
皆さんと一緒に作っていきました。

講師は菊地久子さんです。

b0297136_16003706.jpg
久子さんは保存食作りがとても上手で、
今回も沢山の「美味しく作るコツ」を
教えて頂きました。

ちなみにこれは久子さんが持ってきて下さったもの。

b0297136_15433899.jpg
ラベルもご自身で作られるそうです。
b0297136_15440667.jpg
「青梅」と言えばシロップを作る方も
多いと思いますが、今回作ったコンポートは本当に絶品で
ふんわり柔らかく作るコツや、どうして砂糖は2回に
分けるのかなどなど、色んな事が腑に落ちた方も
多かったのではないかと思います。

美味しいコンポートを作るには
梅を崩れないようにする必要があるので
そのコツとして今回は「まち針」を使用しました。
b0297136_15452503.jpg
そしてコトコト煮ると、最初はこんな感じの梅が

b0297136_15453717.jpg
こんな感じに。

梅の色が変わってくるのもサイン。

ふっくらふんわり!

実は頂いて、汁は水や炭酸で割って頂くと
美味しいジュースになりますし、夏バテ防止にもなりますよ!
b0297136_15454908.jpg

今回作ったコンポートはお持ち帰り用として
瓶に詰めてもらいました。

瓶に詰めた梅を見ていると何だか幸せな気持ちに
なるのは私だけでしょうか?

b0297136_15463720.jpg
そして脱気の仕方も教えて頂いたのですが、
しっかりと脱気したものは1年位持つそうです。

参加した皆さん、コンポートは美味しかったですか?


さて、お次は梅酒作り。

梅酒は何年置いても大丈夫、しかも美味しさが増すので
毎年作っている方も多いかもしれません。

b0297136_15461381.jpg
保存食作りの醍醐味として「待つ楽しみ」が
あると思うのですが、年々色んな事のスピードが
上がっている今、それはそれで便利なのですが
年に1度位じっくりと「待つものを作る」と言うもの
良いのではないかと思います。

b0297136_15460524.jpg
さて、梅酒は飲むだけではなく、
美味しい料理にも応用できます。

と、いう事で手羽元の梅酒煮を作りました。

鶏肉手羽元は米澤郷牧場のものです。

b0297136_15461881.jpg
これがまた美味しい!

材料もまたシンプルで、梅酒に醤油、そして水だけ。

醤油は鎌田醤油の国産丸大豆醤油を使用しました。

b0297136_15440164.jpg
たったこれだけなのに、味わい深くて
ご飯にぴったりのおかずが出来るのですから
梅酒は侮れません!!!

そして最後にラッキョウ漬けのデモンストレーションを行いました。

今回のラッキョウはあゆみの会の有機のものを使用しました。

b0297136_15450183.jpg

作り方が非常に簡単で、
きれいに剥いて水気を切ったラッキョウに
b0297136_15445462.jpg
こちらの食菜酢を入れるだけ!

この食菜酢は藤井養蜂場のものなのですが、とても便利で美味しく
原材料が純米酢にハチミツと食塩、そしてニガリというシンプルさ。


b0297136_15435426.jpg

食菜酢を入れたら、ラッキョウが酢から出ないように
落し蓋をします。


b0297136_15462334.jpg

家族の好みでもっと酸っぱい方が好きな人は
酢を足したりと、その家庭の味に合わせて下さいね、と久子さん。

参加者の皆さま、これを機に梅仕事やラッキョウ漬けを
どうぞ楽しんで下さい!

そしてこちらが今回の試食。
b0297136_15464307.jpg
ご飯は梅干しを入れて炊いたもの。

暑い日に食欲が落ちても食べられる美味しさです。

そして鶏手羽元の梅酒煮と大郷グリーンファーマーズの
農薬不使用のレタス。

そして久子さん特製の梅のコンポートが入った
炭酸水を頂きました。

コンポートのシロップを炭酸水で割ったのですが、
飲んだ瞬間身体に染み渡る美味しさで
夏バテしやすいこれからの時期、とても嬉しい
飲み物だと実感しました。


さてさて、皆さんが食べている間、食育コンダクタースタッフが
梅についてレクチャーしてくれました。

私達が大切にしている事は生産者を知ってもらう事、
そしてその生産者の作ったものを実際に食べてもらい
生産者との距離を縮めたいと思っている事です。

b0297136_15465844.jpg
さて、今回の梅は王隠堂の梅なのですが、
王隠堂は農薬をできるだけ減らし、有機肥料で
野菜や梅、果物を栽培をしています。

奈良に拠点はおいているのですが、奈良・和歌山だけでなく
西日本の生産者との連携体制の構築に取り組んでいるそうです。

さらに梅の歴史やクイズ、梅の効能と分かりやすく伝えてくれました。

因みに梅には「梅リグナン」と言う成分があり、これが
老化防止や活性酸素の除去など私達の健康に非常に役立つそうです。

クエン酸も含まれているので、疲れを取るためにも梅を
日常的に食べる事は良いのだと思います。

皆様、年に一度のこの季節を楽しんで下さいね!

次回の食育フェスは6月18日です。

梅仕事の熟成編、お楽しみに!

<今回使用した主な材料>
・青梅   王隠堂
・醤油   鎌田醤油
・鶏手羽元 米沢郷牧場
・食菜酢  藤井養蜂場
・有機ラッキョウ  あゆみの会
・レタス  大郷グリーンファーマーズ
・お米(ササニシキ)  迫自然村

by touhoku_syokuiku | 2019-06-05 13:42 | 食育フェス