人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

選択の重要性

12月6日に12回目の食育コンダクター養成講座が
行われましたのでそのご報告です。

今回は生産現場の「畜産」について
山形県置賜郡の米沢郷牧場の代表である
伊藤幸蔵さんに教えて頂きました。
選択の重要性_b0297136_14155755.jpg

前回は農業、今回は畜産についてです。

伊藤さんには毎年、食品の裏話や
熱い思いなどなど語って頂いておりますが
今回もまた色んなお話を聞く事ができました。

選択の重要性_b0297136_14144054.jpg

米澤郷牧場では鶏肉も作っているのですが、
その取り組みというのが驚くレベルなのです。

何故なら
・全飼育期間無薬飼育を行なっている
・鶏舎は開放型で飼育を行なっている
・アニマルウェルフェアを重視している
という一般の鶏肉業界ではありえないような育て方を
貫いているからです。

「鶏肉は薬で育つ」と業界内では言われる位
鶏を育てる事と薬はセットになっているそうなのですが、
何故米沢郷牧場が無薬の取り組みを始めたのかというと、
取引のある生協から「安全な鶏肉を食べたい」という
組合員の声が挙がり、「薬抜きで鶏肉をつくれませんか?」という
依頼を受けた事がきっかけだったそうです。

どこの業者にお願いしても「それは無理だ」と断られ
米沢郷牧場へ話が来たらしいのですが、
思い切って引き受け、実験的にやった所
「うっかり成功してしまった」そうです。

伊藤さんが言うには「殺さない、という視点で育てた」
そうなのですが、これは「儲ける」ではなく
「鶏たちの健康」を第一に考えた結果
得られたものだと伊藤さんは言います。

その取り組みと言うのが
・乳酸菌を与えて腸内環境をよくする
・ストレスを溜めさせない
・餌や水の改善
などなど、人間の私達にも大いに共通するもので、
動物であろうが人間であろうが同じなのだな・・・と
考えさせられるものがありました。

そしてそのうち「餌は国産でやりたいね」
という話になり、飼料場をつくり(飼料場を
自社で持っているのは今では米澤郷牧場だけだそうです)
それを実現させ今に至っているとの事なのですが・・・
これを実現させるって・・・本当にすごい事だと思います。

家畜の世界は大規模化(独占化)と効率化が
求められる世界だそうです。

どうやったら早く大きく育つのか
どうやったらこの世界を独占できるのか。

が、ふと疑問に思うのです。

その先にあるものは
私達の健康は含まれているのでしょうか?

その先にあるものは
環境を守り、私達が安心して暮らせる世界が
あるのでしょうか?

何が正しくて何が良いのかは
自分自身で調べ、現場の方から話を聞いて
情報を求めなければ「本当の情報」は得られにくく
なってきていると伊藤さん。

知らなったでは私達の身体や心は
守られませんし、何より子供は特に
まともな物を食べなくては身体を守れませんよ、
と言う伊藤さんの言葉にズシリと来た方も
多かったのはないでしょうか。

そして最後に
「肉を食べるという事は、その分
環境にも負担がかかる事になるので、
少量のきちんとした肉を食べていくことが大切」
と話していらしたのが印象的でした。

そして最後に!
米沢郷牧場で育った丸鶏を事務局長自ら
焼いてくれました。

もう、皮がパリッパリ。

選択の重要性_b0297136_14151113.jpg
本当に美味しかったです!

食の安全性への興味が低い、と言われている日本。

安心安全な食について興味を持たれた方は
是非私達とうほく食育実践協会にお声がけ下さい。

一緒に学んでいきましょう。

そして、あなた自身やあなたの大切な家族を守る
お手伝いができたのなら私達はとても嬉しいです。


では今日はこの辺で。








by touhoku_syokuiku | 2019-12-06 15:25 | 食育コンダクター養成講座 初級