人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

インスタグラムを始めました

今日は気温が高いですね。

気温差が激しくなってきているので
どうぞお身体には十分気を付けてお過ごしくださいね。

さて、とうほく食育実践協会の事務所兼店舗(食LabLittleBeams)が
青葉区の八幡にあるのですが、そこでは農薬不使用、もしくは
減農薬(ネオニコチノイド不使用)の野菜やお米、
果物、そしてこだわりの調味料を扱っています。

そしてそれらの材料を使用して毎日限定5食の
お弁当を作っています。

身体が喜ぶホッとする味のため、一度食べたら
やみつきになる方もいらっしゃいます!

この度、食Labの情報をインスタグラムで発信する事となりました。

是非遊びに来てくださいね!







# by touhoku_syokuiku | 2019-05-10 11:23 | おしらせ

梅の季節がやってきます!

木の枝から小さく顔を覗かせていた葉が
気が付くとどんどん大きくなり、勢いを増しています。

さて、とうほく食育実践協会のホームページで
6月の食育フェスの情報をアップ致しました。

6月の食育フェスは、この時期にしか出回らない
「梅」を扱います!

しかも今回は前編、後編と2回行うのですが、
それは青梅、熟成梅と梅は梅でも扱い方や
仕込む内容が変わってくるため、本当の意味で
「丸ごと」梅の時期を楽しんで頂きたいと思ったからです。

詳しくはホームページをチェックして下さいね!

そしてお申込みはお早目にどうぞ!

# by touhoku_syokuiku | 2019-05-08 09:48 | 食育フェス

飾り巻き寿司に挑戦しました!

4月の食育フェスが4月23日に
行われましたのでそのご報告です。

4月の食育フェスでは「飾り巻き寿司に挑戦」
という事で、JSIA認定飾り巻き寿司インストラクターの
資格をお持ちである太田代一世さんに、縁起が
良いとされている「四海巻き」と彩がきれいな「バラの花」の
2種類の作り方を教えて頂きました。

b0297136_10081870.jpg
因みに「四海巻き」の完成図がこちら。

b0297136_10064776.jpg
そして「バラの花」の完成図がっこちら。
b0297136_10063977.jpg
どうやったらこんな模様になるの!?
難しそう!と一見思うのですが、これらを
ひも解いて分かりやすく教えて頂き、
更に上手に作るポイントも教えて頂きました。

太田代さんが飾り巻き寿司を習おう、
と思ったのは、宮城はお米が美味しいので
そのお米を皆に沢山食べてもらえるようにしたい!
と思ったからなのだそうです。

そんな思いを皆さんに伝えた後、
早速「四海巻き」がどのように作られているのか
実際に手を動かしながら教えてくれました。

b0297136_10080649.jpg
ご飯はこねない事、海苔はまきすの端に置くこと、
まきすの扱い方などなどポイントも盛沢山。

b0297136_10051896.jpg

実際に作っている所を見ると
「こんなふうに組み合わせて
こんなふうに置くと、この形になるのか!」
と終盤になって(笑)納得!

彩を加えたご飯を海苔で巻き
更に重ねて巻き、そして切る。
b0297136_10110434.jpg
これを組み合わせて中に美味しそうな
厚焼き玉子も組み込んだら・・・

b0297136_10070636.jpg
海苔を最終的に巻き、切っていきます。

b0297136_10075908.jpg
断面が出てきた瞬間の嬉しさといったら!
「飾り巻き寿司って初めて作ったけれど、達成感がある!!!」
という参加者の方からのお声も。

そして四海巻きの後は「バラの花」作りです。

今度は薄焼き卵を使っていきます。

b0297136_10065762.jpg
彩に使った特別なでんぶ!
このでんぶについてはまた後程。
b0297136_10023084.jpg

色のポイントに小松菜も使用しました。

b0297136_10054615.jpg

これらを組み立てていったら完成です!
b0297136_10071566.jpg

参加者の方にはこんな感じにお皿に乗せた方も。

きれい!
b0297136_10021689.jpg
そしてこちらの具材に美味しい出汁をかけ
お吸い物として頂きました。

b0297136_10053685.jpg

太田代さんのお言葉では
「飾り巻き寿司は正直あまり美味しくない」
のだそうですが、
「今日作った飾り巻き寿司は
材料がしっかりしているので美味しいと思います」
とおっしゃっていました。

こんな風に堂々と言える太田代さんが
何とも頼もしく、それもそのはず、
太田代さんはあいコープみやぎの理事でもあり
食材についてとても勉強をなさっている方なのです。

そしてそのお言葉通り、本当に美味しかったです!


さて、食育フェスでは「楽しく美味しく作って食べる」
事を大切にしていますが、それと同じくらい大切に
している事があります。

それは生産者の事を知ってもらう事、そして
食の現状を知ってもらう事です。

そこで今回も食育コンダクタースタッフが
クイズと分かりやすい紙芝居を作ってきてくれました!

b0297136_10100453.jpg
四海巻きに使われた卵の話や・・・
b0297136_10013675.jpg

b0297136_10014595.jpg
飾り巻き寿司に欠かせない海苔の話。

b0297136_10015590.jpg
b0297136_10020576.jpg
私達の食卓に安心で安全、そして美味しい食べ物を
届けるために一生懸命作って下さる方がいて、
その生産者の方のこだわりを知ると、更に美味しくなる事
間違いなしです!

そして先ほど「こだわりの「でんぶ」」とお伝えしたのですが、
今回はこちらのでんぶを使用しました。
b0297136_10061255.jpg
見て下さい!原材料のなんとシンプルな事!
よく分からないカタカナが1つもありません。

実はこちらのメーカーさんは年に1度
生協あいコープみやぎのために、このでんぶを
作るのだそうです。

欲しい方はあいコープみやぎに加入される事を
おすすめします。
(あいコープでの取り扱いも年に1度位なのだそうなので、
チラシに掲載されたら多めに購入し冷凍保存をすると
良いですよ、と太田代さん)

今回扱った調味料は私達実践協会の
事務所兼店舗でもある食Lab LittleBeansでも
扱いがありますので欲しい時は是非お立ち寄り下さい!
(一部取り扱いのないものもございますが
その場合はスタッフに相談してみてください)

今回参加して下さった皆さま、ありがとうございました。

これからの季節、飾り巻き寿司は大活躍すると思いますので
是非ご自宅でも作って下さいね。


さて、今回使用した主な材料のご紹介です。

・お米 - 迫ナチュラルファームのササニシキ
・卵・小松菜 ー 大郷グリーンファーマーズ
・焼きのり - 内海求商店
・すし酢 - キサイチ(私市醸造株式会社)
・でんぶ - 株式会社 仁徳
・ゆかり、梅びしお、紅しょうが - 農業生産法人(有)王隠堂農園
・いりごま - 九鬼産業
・青のり - 小善本店 
・だしパック「プロの味」 - まるご食品
・はんぺん - 高橋徳治商店



# by touhoku_syokuiku | 2019-04-26 12:59 | 食育フェス

訂正とお詫び

春の日差しが暖かいですね。

仙台の桜も咲き始め、ああ、この季節が
また来たんだなあと嬉しくなります。

さて、当協会のHPではすでにお知らせしていたのですが
4月の食育フェスのチラシに誤りがありましたので
そのお知らせとお詫びです。

4月の食育フェスは飾り巻き寿司を行うのですが
その講師名が印刷されておりませんでした。

今回講師をして下さるのはJSIA認定飾り巻き寿司
インストラクターの資格を持っている太田代一世さんです。

そしてもう1点、申し込み締め切り日が
4月15日(金)とあるのですが
正しくは4月12日(金)です。

こちらのミスでチラシをご覧になった皆さまに
ご迷惑をおかけした事、本当に申し訳ございませんでした。


さて、4月の食育フェスは4月23日(火)に行います!

誰もが憧れる飾り巻きずし、1度覚えておくと
これからの季節何かの集まりの「お持ちより」として
重宝すること間違いなしです。

彩も食紅などは使わず野菜や卵などの色で
綺麗に仕上げていきますし、
他にもお吸い物の出汁の取り方をお伝えする予定です。


そして5月の食育フェスは5月21日(火)に行います。

5月の食育フェスのテーマは「牛乳」!

こだわりの牛乳を使って簡単チーズ作りと
お手軽バター作りを行います。

そしてそのチーズを使って2種類のピザ、
試食としてヨーグルトと乳製品を使ったデザートと
ヨーグルトドレッシングの提案がございますし
勿論作ったバターの試食もします。

興味のある方、是非どうぞ!
詳細とお申込みは当協会のHPからお願い致します。





# by touhoku_syokuiku | 2019-04-08 11:25 | 食育フェス

栄養満点、と言う名の愛情

3月12日に2018年度食育コンダクター養成講座の
最終講座が行われましたのでそのご報告です。

養成講座最後の講座は調理実習を行ったのですが、
今回は特別に食育コンダクター養成講座を知りたい人のために
限定5名のゲストさんの申し込みを受け付けた所、
キャンセル待ちが出る程のありがたい反応を頂きました!

今回お呼びした講師は以前、生協あいコープみやぎの
商品カタログに料理レシピを載せたり、地区企画の
料理提案をする活動を長くしていた料理提案グループ
「ごっつあんです」メンバーの小島里美さん。

きっとどこかの地区で、お料理を作ってもらった
経験のある人も多いはず。




b0297136_09185273.jpg

小島さんは現在、厚木市の認可保育園「くれよん保育室」にて
安全で素性が確かな食材で温かい手作りの給食と
おやつを子供たちに作っています。

くれよん保育室は生活クラブ
(生活クラブとは「生活クラブ生協」で
国産、無添加、減農薬など独自の基準を
設けているこだわりの安全食材を扱っている生協)
の組合員が育てた保育園とあって、
給食で使う食材は生活クラブのもの。
(なんとも子供たちがうらやましい!!!)

しかも洗い物も純石けんを使い、合成洗剤に頼らないという
取り組みもされているそうです。

今回は「ある日の給食とおやつ人気メニュー」と題して
三色そぼろ丼、味噌玉、お豆腐団子の
作り方を教えて頂きました。

まずはお豆腐団子からスタートです!

材料を混ぜたら一口位の大きさにし、

b0297136_09193751.jpg
蒸し器で蒸していきます。
b0297136_09200140.jpg
受講生の方も挑戦。
b0297136_09201458.jpg
そして蒸しあがったらきな粉とまぶして出来上がり!

b0297136_09230696.jpg
この豆腐団子は子ども達にも人気なのだそうです。

とても簡単だし、子供のおやつにぴったり!

お次は三色そぼろ丼です。

こちらのそぼろ丼はお肉ではなく
サバ缶と凍り豆腐を使うのですが、
くれよん保育室ではカルシウムと良質な
タンパク質をいかに摂取するかを大切に
しているとの事。

凍り豆腐は栄養が豊富だし、サバ缶も
骨ごと美味しく頂けますから、子供にも
大人にも嬉しい一品です。

凍り豆腐は水で戻したものを使用したのですが、
この戻し汁も味噌汁に使ったりと無駄にはしません。
b0297136_09194756.jpg
サバ缶は勿論汁ごと使用します。

あとは汁気が無くなるまで炒って味を整えたら完成!

b0297136_09232053.jpg

ほうれん草は家庭ではそのまま茹でますが
保育園では大量のほうれん草を茹でる必要が
あるため、先に切るのだそうです。

「根本の部分が美味しいから根本まで頂きます」
と小島さん。

ほうれん草は茹で上がったら調味料でさっと和えます。
b0297136_09204053.jpg
人参も出汁と調味料で煮ていきます。
b0297136_09202412.jpg
ここまで出来たら最後は味噌玉作りです。

味噌の中にお好みの具材と削り節を混ぜたら・・・
b0297136_09210719.jpg
ラップで丸くします。

b0297136_09240438.jpg
完成!あとはお湯を注ぐだけ。

b0297136_09233046.jpg

そして今回の料理の完成品がこちら!

b0297136_09243153.jpg


他にもおやつを紹介して下さいました。

ふるふるみかん。

柔らかいババロアの食感、
そしてなんだか懐かしい味。

b0297136_09251155.jpg
バナナパウンドケーキ。

なたね油とヨーグルトが入った優しい味。
b0297136_09244252.jpg
さつまいもクッキー。

ソフトクッキーなのですが、さつまいもの甘さが
効いていて食べると嬉しくなります。
b0297136_09252357.jpg
口にした瞬間、身体が喜ぶ美味しさとはこの事!
と思えるものばかりで、心の底から毎日こんな
料理を食べられる保育園の子供達は幸せだなあと思いました。

すべて本当に優しい(心のこもった)味。

きっとこんな優しい味を食べ続けたのなら
優しい人間が育つのではないかと
そんな事を思いました。

そして、くれよん保育室の給食の取り組みを
写真を交えながら教えて頂きました。

b0297136_09245685.jpg
和食を中心にしている事や
季節感を大切にしている事、
できるだけ安心安全な国産(地元)の
食材を使用している事などなど
栄養だけではない部分も大切にしているそうです。

出汁も煮干しと昆布で取っているとの事だったのですが、
春になると子供たちと一緒に出汁作りをするそうです!

その時に煮干しを食べてみたり
昆布をしゃぶってみたりするのだとか。

なんだかお話を聞いていたら楽しそうな光景が
目に浮かんできました。

自分が食べるものがどんなものから作られているのか
楽しみながら知る、実際に食べてみる、
それを子供の頃から体験する事ができるなんて
とても良いな、と思いましたし(何といっても
食は命の源ですから!)参考になったと
思う方も多かったのではないでしょうか。


さて、調理実習が終わったあとは
養成講座の修了式が行われました。

受講生の皆さま、本当にお疲れ様でした。

9月から始まった養成講座でしたが
専門家や生産者の話を実際に聞いて
皆様はどう感じ、何を思ったでしょうか?

皆さんの大切にしたい方々へ
どうぞ学んだ事を語り継いでほしいなと思います。

そしてぜひ実践協会の仲間として色んな活動を
共にできます事を心より願っております!

皆様と出会えた事、とても嬉しかったです。

感謝を込めて。






# by touhoku_syokuiku | 2019-03-18 16:15 | 食育コンダクター養成講座 初級