とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

千歳館料理教室終了ご報告

10月5日に千歳館で行われました
料理教室のご報告です。

いつも分かりやすく、そして驚きがある
千歳館の料理教室。

今回もまた、プロの視点からのコツを沢山教えて頂きました。

若旦那の澤渡さんはとってもユーモアがあり
気さくな方なのですよ~。
b0297136_11552988.jpg
季節は秋、という事で食材も勿論秋!

まずは菊の茹で方から教えて頂きました。

菊を茹でる時、お酢を入れる方が多いと思うのですが、
澤渡流はお酢を入れないのです。

澤渡さん曰はく、
「お酢は入れても入れなくても変わらない」
のだそうです。

ちょっとしたコツで色鮮やかに、そして変色しにくい
菊になる事を教えて頂きました。
b0297136_11554938.jpg
今回は「もってのほか」という山形の
ピンク色の菊を使ったのですが、色がとにかく綺麗!


そしてお次はナス登場。

ナスを生で食べる、というこれまた試食が楽しみな一品。

ナスを生で食べる事はあまりないと思うのです。
(因みに私は食べたことがありませんでした)

コツは必ず水にさらす事だそうです。

皮をむいて水にさらしたナスに、梅肉と海苔を和えていきます。
b0297136_11551033.jpg
ナスのお次は「かさご」が出てきました!

今回はサラダ仕立てでかさごを頂くのですが、
澤渡さんがおっしゃるには
切り身とサラダが合うようにするには・・・
b0297136_11553635.jpg
軽く塩を振って・・・
b0297136_11551787.jpg
軽く炙る事でサラダとの相性が更によくなる!

との事でした。
b0297136_11560211.jpg
そしてそれを盛り付けていくのですが、
完成は後でのお楽しみに!

b0297136_11550344.jpg
さて、今回の料理教室にはテーマがあり、
一つは菊を上手に茹でる事だったのですが、
もう一つが「煮魚の臭みを抑える!」というもの。

この臭みを抑える料理として
「釈迦煮」というものを教えて頂きました。

まずは野菜を切る所から。

カブはスジを取るように厚めに皮をむいていきます。
b0297136_11554309.jpg
ジャーン。

真鯛登場です!

そして煮魚の臭みを抑える方法として
「湯霜」という方法(お湯にくぐらせ、冷水にとり
血を洗い流す方法)を教えて頂きました。

b0297136_11555549.jpg
で、釈迦煮とは、真鯛と蕪を煮たものに
カレー粉を入れたものなのだそうです。

試食が楽しみ~!!!
b0297136_11545718.jpg
今回は本館に移動し、試食をしました。
b0297136_11542079.jpg

まずは「鯛で作った板わさ」。

口の中に入れると旨味がひろがり
食感も実にふわふわ。

一発目からノックアウトです(笑)。
b0297136_11534709.jpg
そしてこちらが「なす梅磯部和え」。

ナスを生で頂くのは初めてでしたが、美味しくて驚きました。

もっとアクが強いかと思ったのですが、全然なのです。

梅の酸味と海苔の風味が広がり、さっぱりとします。


b0297136_11542713.jpg

「菊かに加減酢」。

この美しい色!

お湯だけで茹でた菊がこんなに色鮮やかになるなんて!

酸味共にちょうどよく、とても贅沢な気分。


b0297136_11540905.jpg
「かさご藻塩炙り スーパー美人サラダ」

少し炙ったかさごが実に美味。

スーパー美人サラダというネーミングに
ついついそそられる一品。

サラダのコツは「切れる包丁で切る事」だそうです。

そうしないと切り口が茶色になってしまうとの事。
b0297136_12424963.jpg
そしてこの料理と一緒に出てきたのが
「トマトドレッシング」。

湯むきしたトマトで作ったドレッシングは
優しくも美味しくて、一同興奮。

b0297136_11535722.jpg

さてさて、お待ちかねの
「たいかぶらの釈迦煮」。

出汁が効いていて本当に美味しかったです!!!

カレー粉も、強すぎず弱すぎずいい塩梅。

あまりにも美味しくて、一滴残らず汁まで頂きました。

b0297136_11544033.jpg
「山形牛ステーキ丼」。

今回は美味しいステーキの焼き方も教えて頂きました。

そしてこのステーキ丼、ご飯とご飯の間にも
お肉が隠れているのですよ!

間のお肉が出てきた瞬間
「わあ!」と思わず言ってしまう一品でした。

勿論、ため息の出る美味しさ。

b0297136_11541537.jpg
そしてこのお漬物も美味しく頂きました。

ああ、幸せ。

b0297136_11534119.jpg


さて、今回はお食事の後に
千歳館本館の見学をさせて頂きました。

お庭も風情があります。

因みに「割烹」と「料亭」の違いは
お庭があるかどうか、なのだそうです。

割烹はお庭がなく、料亭はお庭がある。

これでミニ知識が一つ増えました~。
b0297136_11535206.jpg
千歳館本館は、重要文化財にもなっている
建物で、「るろうに剣心」の舞台にも使われたのですが、
こちらが映画の舞台になったお部屋!

うわ~!感激だ~!


b0297136_13264257.jpg
そして広いお部屋も。

所々扉があったりと、昔の建物は忍者屋敷のよう。
b0297136_11544598.jpg
二階からの眺めも素敵。
b0297136_11540463.jpg
古い建物が残っている事は素晴らしい事です。

何故なら、そこからその時代の背景を少し
垣間見る事ができるし、何より歴史を感じる事ができます。

美味しい料理と共に歴史を感じる事ができた1日でした。

澤渡さん、千歳館の皆さま、本当にありがとうございました!



# by touhoku_syokuiku | 2018-10-20 13:32 | 美味いもの研究会

根っこ育て

10月2日、4回目の食育コンダクター養成講座が行われました。

4回目は事例報告、という事で
西多賀チェリー保育園の元園長である
畠山眞咲先生のお話です。
b0297136_08535933.jpg
畠山先生、本当に素敵な方なのです!

ずっと保育に携わってきた先生なのですが、
いつか理想の保育園を作りたいと
思っていた所、西多賀チェリー保育園創設の
お話が来て園長先生になられたそうです。

講座中は、子供たちにとって
食べ物を育て、知り、作って食べる、という
一連の食に携わる事がとても大切である、
という事を色々な角度から教えて頂きました。

保育園内には実のなる木を沢山植えている事や
野菜も勿論育てている事、
味噌や梅干しづくりなど
子ども達だけではなく、親や
地域の方々も交えて様々な事が
行われているそうです!

楽しそう!


そして、野菜嫌いを克服するアドバイスも。

食べないから出さない、ではなく、
根気強く、そして食べさせるための
方法を変える必要がある事や、
知らないもの(よく分からないもの)は
口にしない傾向が強いので、だからこそ
そのものの姿を見せ、一緒に作り、教えながら食べさせる。

親の根気だそうです!

そして何より大人と子供が一緒に
同じものを食べてこそ食育、というお言葉に
食育の根本を見た思いがしました。

まずは身近な大人が「美味しい美味しい」
と言いながら食べる事だそうです!


幼児時代は「根っこを育てる」時。

それはもしかしたら大人になった時
忘れてしまうものなのかもしれないけれど、
それは忘れてしまう位、自分の一部に
なっているからなのかもしれません。

大人になった時、自分自身すら見えなくなるけれど
確かに存在して「あり続けるもの」。

それが形成されるのが幼児時代なのだなと
思いました。

食を通して子供と楽しむ。

全力でそれを行っている
西多賀チェリー保育園の先生方の姿というのは
素晴らしいです。

そして!西多賀チェリー保育園は絵本にも
力を入れているとの事で、
クラスの名前も全て絵本のタイトルから
つけたそうですよ。

最後は先生が絵本を読んで下さいました。

小さなお子さんがいらっしゃる方、
忙しい日々だと思いますが
子供との時間は二度と戻ってきません。

だからこそ、沢山楽しんで下さい。

きっとそれは子供にとっては勿論、
親にとっても人生の栄養になると、
先生のお話を聞いてそう思いました。


さて!次回の養成講座は10月12日。

基本の「だし」についての勉強です。

お楽しみに!



# by touhoku_syokuiku | 2018-10-03 09:33 | 食育コンダクター養成講座 初級

自分好みのお茶を入れる

三回目の食育コンダクター養成講座が
9月25日に行われました。

今回のテーマは「味覚」。

味覚の中でも今回は「煎茶」について
学びました。(「味覚」のテーマは2つあり、
もう一つは「だし」についてです)

教えて下さったのは山形にある
(株)岩渕茶舗の社長である
岩淵正太郎さんと、息子さんの
岩淵正美さんです。
b0297136_14124118.jpg

お話を聞いていると、
「美味しくお茶を入れるという事には科学的な裏付けがある」
という事が分かり、とても面白いのです。

煎茶は自分好みに淹れる事ができるのです!
b0297136_14125044.jpg

今日はお茶がお湯の温度によってどれだけ味が変わるのかを
実際にお茶を淹れて味わい、確かめながら進めていきました。
b0297136_14123487.jpg

煎茶はお湯の温度で味がガラリと変わるのですよ!!!

受講された皆さま、その味の違いに
驚かれたのではないのでしょうか。

温度が低ければ低いほど甘く
そして高ければ高いほど苦い。
(講座内ではもっと厳密な温度の事を教えて下さいました)
b0297136_14122550.jpg

その事を知って実際に味わったという事は
自分の好みのお茶の味と、
その味を出すためのお湯の温度を探す事ができるし、
好きな味を出せるという事になります。

これってとってもワクワクしませんか?

更に言うならば、その日の気分に合った
煎茶の味を出せるという事でもあります。

美味しいお菓子がある時は少し苦みが
合った方がスッキリするよね、などなど。。

b0297136_14130906.jpg
岩淵さんのお話をお聞きして
日本人で良かったなあと
しみじみ感じてしまったのは
私だけかもしれませんが(笑)、
1つのお茶の葉で、これほどまでに
バリエーション豊かに味を変えられるって
中々無いと思うのです。

そして自分だけのために自分好みの
お茶をいれたり、家族や友人のために
「今日はどんなお茶がいい?」
とお茶を淹れる時間というのは
とても豊かな時間であると思います。

煎茶の魅力に改めて感動した時間でした。

さて、現在はお茶を淹れて飲まれる方が
少なくなってきているそうです。
(ペットボトルのお茶で済ます方が
増えているとの事)

本当に勿体ない事です。

受講された皆さま、どうぞこれを機に
美味しいお茶を自分のため、
そして家族やお知り合いの方のために
お茶を淹れる時間が増える事を願っています。

ホッとする幸せなひと時を作り出す事は、
食に関わる者としてとても大切な事だと思うからです。

そして!山形に行かれた時は是非
岩渕茶舗(お店の名前は「茶呑み処 いわぶち」)
へ足をお運び下さい!
茶呑み処 いわぶちfacebookページはこちらからどうぞ)
美味しいお茶だけではなく、
美味しいスイーツもありますよ!


さて、次回の養成講座は10月2日(火)です。

次回の講座もお楽しみに!







# by touhoku_syokuiku | 2018-09-25 15:29 | 食育コンダクター養成講座 初級

食と心

9月21日に、2回目となる
食育コンダクター養成講座が行われました。

2回目は基礎栄養学の講座だったのですが、
フリーの管理栄養士としてご活躍をなさっている
飯渕由美先生にお話をして頂きました。

実は昨年度より飯渕先生には養成講座でお話を
して頂いているのですが、
色々な管理栄養士としての活動の経験をお持ちで、
その経験に基づいてお話をされているため
お話が本当に面白く、かつ心に残るのです!
b0297136_14595287.jpg
さて、「健康」はとても大切な事であると
誰でも思うと思うのですが、では
「健康とはどんな状態を指しますか?」
と聞かれると、何と答えますか?

色々な難しい定義があると思うのですが、
とても分かりやすい簡単な言葉で飯渕先生が
教えて下さったのが
「身体と心と人の関わりが出来て初めて健康」
という事。


b0297136_14595704.jpg
納得!

その後は「どうしたら健康になれるのか」
というお話をして頂いたのですが、
心と身体は一体だからこそ、心を元気に
保ためには食が大切だし、身体を
元気に保つためには心も大事、という事を
色んなケースを交えて教えて頂きました。

私達は食べる事で生きていて、食べる事を
当たり前のようにしていますが
あまりにも当たり前過ぎるがゆえに
軽視されがちな所があるのかもしれません。

が、より良い人生にしたければ、食を軽視しては
成り立たないと言っても過言ではないくらい
食という世界は大切な事も事実であるのだと
改めて思いました。

人の心を豊かに育てるためにも
人が生き抜く力を育てるためにも
食の力は欠かすことができず、
台所に立つ親の存在というのは
なんて重要なんだろうと思うと同時に、
「でもそんなに大変な事じゃないのよ」
と、上手に手を抜きつつも大事な所を
押さえる食事の方法など、先生のお話は
とても安心するものでもありました。
b0297136_14594198.jpg
今は情報が沢山あるけれど、それを「選択」
する力が大切であるという事や
人によって(年齢によって)食べ方も
食べる量も違うのは当たり前で、
だからこそ自分に合った食べ方を見つける事は
とても大切という事。

それが先生のおっしゃる
「食べ方上手は生き上手」に繋がって
いくのだと思いました。

お話を聞いて勇気づけられた方、
頑張ろうと思った方、多かったのでは
ないかなと思っています。

飯渕先生、本当にありがとうございました!

さて、次回のコンダクター養成講座は
煎茶のお話です。

お楽しみに!








# by touhoku_syokuiku | 2018-09-22 22:56 | 食育コンダクター養成講座 初級

9月食育フェス終了ご報告

9月18日に食育フェス
「みそを作る大人の会」
が終了しましたのでそのご報告です。

味噌は日本人にとって非常に身近な
調味料の1つですが、その素晴らしい
栄養的な成分が今ではどんどん解明されてきています。

そして何より手作り味噌を一度食べてしまうと
その美味しさに感動間違いなし!なのですが、
今回はその味噌作りを体験して頂きたいのと、
実はNPOとうほく食育実践協会では「大豆の会」
という、栽培期間中無農薬で大豆を育てており、
その大豆を食べてほしい!&活動を知って欲しい!
という思いがあり、味噌作りの会を開催致しました。

味噌作りには大豆を水で戻す事からスタートし、
指で簡単に潰れる位柔らかく煮ます。
(今回、ここまでスタッフが行いました)
b0297136_15431771.jpg
そして麹をほぐしてと塩を混ぜたら前準備は完了!

今回の味噌作りは食育コンダクターであるスタッフが
説明&誘導をしてくれました。
b0297136_15432180.jpg
あとは豆を潰して麹と塩をまぜたものと
合わせていきます。
b0297136_15432505.jpg
そして容器に入れてラップをし、
じっくりと発酵をさせていきます。

この「待つ」という時間も是非楽しんで下さいね!

味噌って、結構簡単に出来るのですよ~。

今回使った大豆は「ミヤギシロメ」という種類の
大豆なのですが、この大豆は県内でも希少価値がある上
甘味もあるため、高級な味噌や豆腐に
使われる事の多い大豆でもあります。


さて、味噌の仕込みが終わったころ、
本日の試食である「呉汁」について
NPOとうほく食育実践協会の事務局長である
前田が説明をしてくれました。

呉汁とは、水に浸した大豆をすりつぶし、

b0297136_15432842.jpg
味噌汁に入れる郷土料理の事なのですが、
今回は豚汁のような具材のみそ汁の中に
すりつぶした「呉」(大豆のペーストの事)
を入れて美味しく頂きました。

このような豚汁に・・・
b0297136_15430534.jpg
「呉」を入れ・・・
b0297136_15433132.jpg
火を通したら完成!

b0297136_15433692.jpg
とっても美味しかったです!!!

そして、今回はスタッフが
紙芝居形式に大豆と味噌について
クイズを出してくれました。
b0297136_15433944.jpg
クイズの答え合わせと共に、味噌の事も色々と
教えてくれたのですが、市販の味噌の事、
手作りの味噌の事、そして味噌の素晴らしい
栄養成分について・・・と幅広く、そして
分かりやすく教えてくれました。

皆さん楽しそう!
b0297136_15434363.jpg

さて、ここで「大豆の会」の活動について
少しお話をさせて下さい。

日本は昔から大豆をとても消費する国です。

味噌や醤油、豆腐などは生活に欠かせない
存在である方が多いのではないかと思うのですが、
それに対して日本の大豆の自給率はわずか。

少しでも自給率の事を考えるきっかけにもなり
安心で美味しい大豆を作りたい!という事で
2013年より大郷町にある
「大郷グリーンファーマーズ」さんより
畑をお借りして、栽培期間中無農薬で
大豆(ミヤギシロメ)を作る活動をしています。

因みにこちらが今年の7月の畑の様子。
b0297136_17240125.jpeg
暑い中、スタッフが草取りをしに行った時に撮ってくれた写真です。
b0297136_17234610.jpeg
本当に美味しい大豆なのですよ!!!

それで、私達はこの活動に賛同(オーナーになる)して下さる方を
募集しております。

募集期間は特に定めておらず、いつでも
オーナーになっていただけるのですが、
例えば今すぐ「オーナーになります!」と
お声がけ頂ければ、1口¥5000で最低でも3㎏の
大豆をお渡しする、という形をとらせて頂いております。

皆さまに支えられる賛同費によって
私達は畑を借りて大豆を育てるための
活動ができるため、少しでも多くの方に
オーナーになって頂き仲間になって頂けたのなら、
こんなに嬉しい事はありません。

一緒に日本の大豆について考え
出来る範囲で活動し(主に草取りですが(笑))
収穫された美味しい大豆を味わう。

是非ご一緒に!

お問合せ、お申込みはこちらのページ下の
「お問合せ」ボタンからどうぞ。

















# by touhoku_syokuiku | 2018-09-19 17:53 | 食育フェス