人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

季節と身体

1月31日に食育フェスの「冬のアンチエイジング」
が終了しましたのでそのご報告です。

「趙さんの味」の李香星さんが講師をして下さる
こちらの講座はとても人気があり、今回キャンセル待ちを
頂くほどでした。(お断りをした皆さま、本当にすみません)

今回は「冬に備える」薬膳の話などもして頂き、
日常にすぐに取り入れられるポイントも多かった
のではないかと思いますし、何より李さんの柔らかいお人柄と
説明がとても分かりやすく、質問なども参加者の方から沢山出ました。

b0297136_09023511.jpg
今回は参鶏湯、即席キムチ、チヂミの作り方を
教わったのですが、本来、参鶏湯は夏場に食べる事が
多いそうなのですが、それは必ずしもそうと
決まったわけではなく、体力を補いたい時など
「滋養強壮」を目的としたい時にたべるのだそうです。

使う食材にも役割があって、改めて参鶏湯が
韓国で滋養強壮目的で食べられる意味に
納得した方も多かったのではないでしょうか。

食材1つ1つに働きがある。

それはすなわち口に入れるものは全て薬であり、
薬膳とは漢方的な食材を必ずしも取り入れるわけではなく、
普段食べているものをその人の体質や性質に合わせて食べる事が
「薬膳」である、という李さんのお言葉。

例えば旬のものを食べる事はベストな事だけれど、
今は夏でも冷えている人が多いので
そういう方は夏野菜を食べ過ぎると
逆に冷えすぎてしまうから気を付けるなどなど。

食べる事とは、自分と向き合う事なのだと思いました。

他に冬を過ごす時の注意点や、冬におすすめの
食材なども教えて頂き、参鶏湯づくりに移っていきます。

今回の丸鶏も米澤郷牧場のものです。

丸鶏の中をよく洗い、血合いも綺麗にした所で
中にもち米などを詰めていきます。

b0297136_09021345.jpg
竹串で口を閉じ、
b0297136_09022318.jpg
あとは鍋に入れて水を入れ、最低2時間コトコト
煮込んでいきます。

b0297136_09024547.jpg
出来上がるのが楽しみですね!

さて、煮込んでいる間に即席キムチを作ります。

韓国では即席キムチの事を「コッチョリ」と言い、「キムチ」とは
名前が別なのだそうです。

白菜は手でちぎっていきます。
b0297136_09013174.jpg
そして塩を振って混ぜ、1時間位おいたものに
他の野菜や調味料を加えていったら・・・
b0297136_09012135.jpg
あっという間に出来上がり!
b0297136_09011144.jpg
この時、韓国の唐辛子のお話が出たのですが、
同じ種類の唐辛子でも日本は辛くなり
韓国では甘味と旨味が出るのだそう。

土地が違うと出来上がるものが変わると言うのは
面白いし、きっとその土地に合ったものが
出来上がるのでしょうね。

そしてキムチのお話もして下さいました。

韓国ではキムチ作りは1年に1回、
つまり1年分作るのだそうです。
(どの位の量になるのだろう、と興味津々です)

日本では酸っぱいキムチは好まれないけれど
韓国では乳酸菌発酵した酸っぱいキムチの方が
当たり前で好まれること、そしてキムチの乳酸菌の
量はとても多い事、そしてキムチや漬物などの
植物性の乳酸菌はとても強い事など・・・。

韓国の方がお肌綺麗なのはきっと、
キムチのおかげなのだろうなあ。。。
(腸内が整うとお肌が綺麗になるというし
実際、韓国の方はお肌が綺麗な方が多いですよね)


さあ、お次はチヂミです!

今回はなんと牡蠣ともずくのチヂミ!
(牡蠣は丸壽阿部商店のものを使用しました)

参加者の皆さん、身体に滋養をチャージ
できたのではないでしょうか。

冬には「海の物」が良いそうですよ!

そして牡蠣は身体の機能を高めるだけではなく
精神を安定させるという働きもあるそうです。

イライラした時、ちょっと落ち込みがちな時は
牡蠣を食べるのもいいかもしれません。

材料をささっと混ぜたら
b0297136_09002063.jpg
少し多めのごま油でカリっと焼きます。

あー!もう、ほんっとにいい匂い!
(このブログから香りを届けたい位です)
涎が~涎が~!
b0297136_08595635.jpg

チヂミが焼けたころ、参鶏湯も良い具合に出来上がりました!

b0297136_08592818.jpg
丸鶏をバッドに移し・・・
b0297136_08585186.jpg
ざっくりと解体していきます。

もう、お肉がホロホロです。
b0297136_08582656.jpg
スープもよそったら完成!

コラーゲンたっぷりのスープです。

きっと皆さん、翌日はお肌ぷりぷりですね。

最後にクコの実と松の実を散らします。
(最後にクコの実をを入れるのは
「まだ誰も食べていません」という合図にもなるのだそうです)
b0297136_08580801.jpg
そしてこちらが即席キムチ。
b0297136_08573065.jpg
チヂミも出来上がりました。
b0297136_08575336.jpg
このチヂミにヤンニョムジャンをかけて頂きます。

今回は2種類のヤンニョムジャンを作りました。

1つは酢醤油ベースのもの、
もう1つはコチュジャンベースのもので、
こちらは参鶏湯に入れても美味しく頂けます。


b0297136_08570928.jpg
そしてこちらが試食の様子。
b0297136_08564390.jpg
参鶏湯を食べた後は暫く身体が
ホカホカしていて汗が出てくるほど。

毎日の食事が薬になる、そう思うと
食事は空腹を紛らわすだけではないと
いう事を実感させられます。

沢山の事を教えて下さった李さん、
本当にありがとうございました!

そして参加して下さった皆様、
ありがとうございました。


2月の食育フェスはマーマレードや
柑橘を使った内容で行います。

柑橘系が出始める頃はやはり
(薬膳の視点から見ても)
身体が酸味を欲する時期でもあります。

こちらの講座なのですが、お席を増やして
3名程ご案内が可能となりました。
(ピン!ときた方はこちらからお申込みをどうぞ

リピート間違いなしのマーマレードの作り方と
マーマレードを使った料理の展開、
そして柑橘を使った料理法などを
お伝えする予定ですので、どうぞお楽しみに!









# by touhoku_syokuiku | 2019-02-04 15:12 | 食育フェス

安心と信頼を視覚化するということ

1月22日に食育コンダクター養成講座が
行わましたのでそのご報告です。

14回目の講座では大郷グリーンファーマーズ
西塚さんをお迎えして「規格・認証」について
お話をして頂きました。

b0297136_09012492.jpg

認証と一言で言っても様々あり、
一者認証から三者認証まである事、
(因みに公平な立場の認証は三者認証で、表示もできる)
そして「管理体制」に対する認証もあれば
「製品」に対する認証もあり
その種類や違いなどを分かりやすく
教えていただきました。

更にはこの認証の「基準」はどのように
決められるのかなども教えて頂きました。

大郷グリーンファーマーズの野菜やお米は
その多くが認証を取っているのですが、
これはとてもすごい事なのです・・・。

何故なら認証を取るという事は
毎年更新をしなくてはならない為、
手続きのための時間(事務的な事や
研修など)も経費もかかるからです。
(詳しくはこちらを是非読んで頂きたいです!)

それでも認証を取り続ける理由は
「信頼を得るため」で、
見ず知らずの人にも安心を届けるために
そして安心を求めている人のために
目に見えない「安心」を視覚化して
届けるためなのだそうです。

「認証を得たからと言って極端に売り上げが
上がるわけでもないけれど、信頼を得るために
(認証を)取り続ける事は覚悟がいる事」
という西塚さんの言葉にグッときた方、
多かったのではないでしょうか。

有機農産物の規格は
土力(ちりき)を大きくする事が求められ
土の力をいかに高めるかが必要になってくるそうです。

そのため、土の力を高める微生物や
堆肥にも気を配る。

私達が今生きている世界は循環しています。

食物連鎖、という言葉は学校で習ったと
思うのですが、もう少し詳しく見ると
食物連鎖というのは「生食連鎖」と「腐食連鎖」から
成り立っていてそしてぐるぐる回っています。
(腐食連鎖、というのは分解すること。虫や微生物の
存在のお陰でこの地球上は綺麗になっています)

「その循環の中に有害なものを入れてはいけない」
という西塚さんの言葉は本当に力強くて
西塚さんの農業に対する姿勢を見た思いがしました。

この「循環」は人間である以上、そして
地球上にいる以上、離れられない事だと
思います。

人間の体も、心もそうです。

有害なものを入れるとそれは必ず
時間を経て戻ってくる。

それは別に祟りでも何でもなく
「循環」という視点を持てば
納得がいくのではないでしょうか。

人の身体は食べ物で出来ています。

身体だけではありません、心も食べ物に
大いに左右されます。

だから自分や家族の身体をどう扱いたいのか、
そしてどうなりたいのか明確になった時、
何を(どんなものを)選ぶのか、
という選択ができるようになるのではないでしょうか?

そして確かなものを選びたい時
確かなものを一生懸命作っている人がいて、
その存在を知っていたのなら
こんなに心強い事はないと思います。


さて、今回は西塚さんの所で育てている
「平飼いこめたまご」の試食をしました。

お米は勿論大郷グリーンファーマーズのもの。

西塚さんの所にいる鶏たちは野菜クズを食べたり
お米を食べて育った鶏です。

だから黄身の色がレモン色。

黄身の色はどうにでも変えられるそうです。

オレンジにしたければマリーゴールドを
食べさせたりするそうなのですが、
黄身の色が濃ければ美味しいかと言えば
それはまた別の問題。

惑わされてはいけません。

b0297136_09011582.jpg
そしてこちらがつぼみ菜のお浸し。

b0297136_09010505.jpg
大郷グリーンファーマーズの野菜は
とても美味しいのですが(勿論お米も!)
西塚さん曰く
「有機野菜で育てるとアミノ酸が多く残る」
らしいのです。

それが旨味とコクになるとの事。

食べてみたい!と思った方、食Lab Little Beans
では大郷グリーンファーマーズのお米も野菜も扱って
おりますので是非いらして下さいね。










# by touhoku_syokuiku | 2019-01-25 12:47 | 食育コンダクター養成講座 初級

どう予防するかを知る事

1月18日に13回目の食育コンダクター養成講座が行われました。

今回は「食品衛生」という事で
宮城野区保健福祉課 衛生課 食品衛生係の方が
お越しくださいました。

一言で「食中毒」と言っても様々な
原因があり、細菌やウイルス、自然毒
(キノコやフグなど)、化学物質、
寄生虫なども挙げられるそうです。

そして季節によっても流行るものがあり
冬の時期は空気が乾燥するため
ウイルス性のもの(ノロウイルス)が
流行るのだとか。

確かにノロウイルスが流行るのは冬ですものね。

そして食中毒に対する対策なども教えて頂きました。

どういう状況で菌やウイルスが増えるのか、
増やさない為にはどうしたらいいのか、
菌をやっつける為にはどうしたらいいのか。

お話を聞いていて「過信しない」事が
大切なのだな、と思いました。

新鮮だからと言って生肉を食べたり
大丈夫だろうと中まで火が通っていない
ものを食べたり。。。

そして、買い物をするときは
生鮮食品は一番最後!そして買ったら
足早に帰る事!(そして冷蔵庫へ)という流れも
大切な事なのだそうです。
(菌を増やさないこの行動は美味しさをキープ
する事にも繋がりますしね)

そして講座の後半は実際に手洗いをして
どの位汚れが残っているかを見てみよう!
という事で専用の機械を使ってチェックもしてみました。

皆様いかがでしたでしょうか?

是非ご自宅でも実践してみて下さいね!








# by touhoku_syokuiku | 2019-01-21 19:30 | 食育コンダクター養成講座 初級

ご挨拶と業務連絡

遅ればせながら皆様、
あけましておめでとうございます!

今年1年、皆様のお役に立てるよう、
そして食の情報を美味しさと共にお届けできるように
精進していきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願い致します。


さて、1月2月の食育フェスのご案内を
ホームページにアップいたしました。

1月は「冬のアンチエイジング」と題して
「趙さんの味」より李香星さんをお迎えして
免疫力アップの食材を使って、身体のいたわり方などを
教えて頂く予定です。

そして作るのは「参鶏湯(サムゲタン)」、「チヂミ」、「即席キムチ」!

実は昨年の夏に参鶏湯を作る内容の
食育フェスを行ったのですが、
大変キャンセル待ちが多く、残念ながら
お断りをさせて頂く方が大勢おりました。

その事を踏まえて、もう一度出来たらいいね、
とスタッフ内で話をしておりまして
実現可能となりました。

今回もキャンセル待ちが出る可能性がありますので
ご興味を持たれた方はお早めにどうぞ。

即席キムチも「キムチ」のタレを使う訳ではありません。

即席とはいえ、しっかり最初から作りますよ!


そして2月は「柑橘でビタミンアップ」と題して
マーマレードを仕込みます。

このマーマレードは1度作ると止められない美味しさで、
きっと柑橘が出回る季節が待ち遠しくなると思います!

そしてマーマレードを使ったアレンジ料理、そして
柑橘を使った野菜のちらし寿司とサラダを作りますよ。

柑橘はそのままで食べるのは勿論、料理にもアレンジできるのです!

こちらもお申込みはお早目にどうぞ!

お申込みはホームページの「食育フェス」ページに入り、
「お問合せ」ボタンからお申込みが出来ます。

皆様とお会いできますのを楽しみにしています!


# by touhoku_syokuiku | 2019-01-10 10:44 | 食育フェス

今年1年ありがとうございました

今年もあとわずかですね。

このブログを読んでくださっている皆さま、
今年1年ありがとうございました。

NPOとうほく食育実践協会は
今年1年、映画上映会、食育フェス、養成講座、
大豆の会、などなど様々な取り組みをしてきました。

見える部分から見えない部分まで
至らない点も多々あったと思いますが、
それでも様々な事を達成できたことは
仲間があってこそ、そして何より
私達の取り組みに賛同してくれ、そして
応援して下さった生産者の方々、
そして興味を持って下さった
参加者の存在があったからです。

本当に心から感謝いたします!

来年度も一同、力を合わせて
協会を盛り上げていく所存ですので、
食育コンダクターを取得された皆さま、
どうぞ一緒に盛り上げていきましょう!

そして私達協会に興味を持たれた皆さま、
是非私達の企画する講座に参加して頂けたら
とても嬉しいです。

そして食の未来を食材と共に一緒に考えていけたのなら、
こんなに嬉しい事はありません。


そして最後に。

生産者の皆様、
私達は生産者の皆様を心から尊敬しています。

何故なら私達は食べる事で命を繋いでいるからです。

その食べる「食材」に手を抜かすことなく育て
作り上げ、そのために常に研究し技術を磨く。

それは私達が想像もつかない位のもので、
きっと想像できたとしても、それは一部分なのかもしれません。

いつも美味しい食材を本当にありがとうございます。

食材を通して、皆様の大切にしている思いや日々の努力を
少しでも届けられるように、日々精進していきたいと思いますので
これからもどうぞよろしくお願い致します。



そして業務連絡です。

食Lab Little Beansの営業は1月7日(月)と
なっておりますのでどうぞよろしくお願い致します!

皆さま、今年1年間本当にありがとうございました!

皆さまにとって来年が実りある1年でありますように。

b0297136_12155974.jpg
どうぞよいお年をお迎えください!






# by touhoku_syokuiku | 2018-12-28 21:51 | おしらせ