人気ブログランキング |

とうほく食育実践協会

syokkon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:料理教室 ( 13 ) タグの人気記事

食育フェス~手作り肉まんに挑戦!~

1月31日に行われた食育フェス「手作り肉まんに挑戦!」のご報告です。


肉まん、豚ちゃん、あんまんの3種類を作りました。


食育フェス~手作り肉まんに挑戦!~_b0297136_16031420.jpg
生地が開かないように成形するのは、なかなか難しいのです。

が、とってもおいしい生地に肉汁たっぷり、豚ちゃんの顔に癒され、みなさん笑顔でただきました!

食育フェス~手作り肉まんに挑戦!~_b0297136_16031712.jpg
今後の食育フェスの予定です。

2月18日(火)「柑橘でビタミンアップ」
3月6日(金)「野菜Deスイーツ!」
3月12日(木)「知って得する発酵食・・・手作り味噌の会」

詳しくは、ホームページの食育フェスイベント情報をご覧ください!







by touhoku_syokuiku | 2020-02-12 16:27 | 食育フェス

食育フェス2020~オイスターソース作りに挑戦!~

2020年1月24日に行われた食育フェス、冬の自家製調味料に挑戦!~オイスターソース作りの巻~のご報告です。

(株)丸壽阿部商店の加熱用カキを使って、オイスターソースを作りました。


食育フェス2020~オイスターソース作りに挑戦!~_b0297136_14275493.jpg



この思い切ったカキの使い方に、丸壽阿部商店さんも驚いていらっしゃいました。

食育フェス2020~オイスターソース作りに挑戦!~_b0297136_14274817.jpg


出来立てのオイスターソースを使って、牛肉とタケノコのオイスターソース炒め、鶏と大根のオイスターソース煮、レンコンのきんぴらオイスター味を作りました。

食育フェス2020~オイスターソース作りに挑戦!~_b0297136_14291887.jpg


カキのうま味はコハク酸。
コハク酸が、酒・肉魚類などと合わさると、さらにおいしく感じられるのだそうです。
食育フェス2020~オイスターソース作りに挑戦!~_b0297136_14292375.jpg


カキはおいしいだけではありません。
カキに含まれる成分はすごいんです。
亜鉛はお肌に良く、タウリンは疲労回復に、グリコーゲンはエネルギーの元。
カキのエキスを使ったお菓子が作られるほど、こどもの成長にも期待されていました。

また、カキの筋肉は貝柱だけ。
消化器系がとても大きく、一日に200~400リットルの海水を飲み栄養を吸収しているのだそうです。
カキのエサは、プランクトンや海藻です。
カキが育つ海の状態がとても大切なのですね。
森と川と海のつながりを考えないではいられません。



カキの加工販売をされている丸壽阿部商店さんからお話を伺いました。


もともと、宮城県沿岸のカキ養殖は家族単位で行われ労働時間が長く大変な状況でした。

東日本大震災のあと、カキの養殖施設は1/3に減少しましたが、ひとつひとつのカキが大きく育つようになり、現在では震災前と生産量は変わらず、労働時間が6割に減少し、労働環境が改善されているそうです。

しかし、近年の海の環境については海水温が上昇し、全国的にカキが小さくなったり海で死んでしまう個体が多くなる傾向にあります。

環境の変化に合わせていくしかなく、カキの生産現場、市場の様子も今後変わっていくのかもしれません。




by touhoku_syokuiku | 2020-02-12 15:52 | 食育フェス

食育フェス 肉を極める!2019

昨年12月17日に行われた食育フェス「肉を極める!2019」のご報告です。

お肉の火加減に困っていませんか?
今回は、ローストビーフ、豚の角煮の美味しい作り方を勉強しました。


食育フェス 肉を極める!2019_b0297136_13165909.jpg




食育フェス 肉を極める!2019_b0297136_13180782.jpg


大根ステーキ、春菊とリンゴのサラダ、ゆずゼリー、コンソメスープを添えていただきます。
食育フェス 肉を極める!2019_b0297136_13190930.jpg

ひなた養豚の繁殖分娩担当者の方にお話しを伺いました。


食育クイズ
食育フェス 肉を極める!2019_b0297136_14204378.jpg

豚はとっても子だくさんなのですよ!

by touhoku_syokuiku | 2020-02-12 14:22 | 食育フェス

第2回食育フェスin山形~冬の自家製調味料作りに挑戦!~

昨年12月11日に生活クラブやまがたの組合員の方々と、柚子をたっぷり使った自家製調味料作りに挑戦しました。

南蛮ゆず醤油、ゆずポン酢、ゆず味噌、どれも作り方はとっても簡単。

完成した調味料は、ネギしゃぶしゃぶ、冷ややっこ、こんにゃくに添えていただきました。
甘いの、辛いの、酸っぱいの、香りもよくて、食がすすみます。


生活クラブやまがたの食材
第2回食育フェスin山形~冬の自家製調味料作りに挑戦!~_b0297136_11505419.jpg

今回は王隠堂のゆずを使いました。



米沢郷牧場の鶏を使った、鶏チャーシュー
第2回食育フェスin山形~冬の自家製調味料作りに挑戦!~_b0297136_12000688.jpg


ネギたっぷりのしゃぶしゃぶ
第2回食育フェスin山形~冬の自家製調味料作りに挑戦!~_b0297136_11511364.jpg


食育コーナーでは、ゆずのこと、こだわりの醤油についてお話しました。




by touhoku_syokuiku | 2020-02-12 12:47 | 食育フェス

丸鶏を丸ごと使いこなす!

11月26日に行われた「丸鶏フェス2019」のご報告です。

そろそろおもてなし料理に挑戦しておきたい季節になりますね。
今年は思い切って丸鶏に挑戦してみませんか?

ということで、今回は米沢郷牧場の丸鶏を使って、『ローストチキン(丸鶏のピラフ詰めオーブン焼き)』と昔ながらの『丸鶏の醤油煮』を作りました。




こんがり焼けた丸鶏を丁寧に切り分けていきます。
丸鶏を丸ごと使いこなす!_b0297136_15172334.jpg

部位を確認しながらお子さんと一緒にするのも良いですね。

丸鶏を丸ごと使いこなす!_b0297136_15184197.jpg
今回のメニューは、春菊とリンゴのサラダ、ハンナンチキンライス、ほくほくジャガイモ、春菊のスープ、レモンゼリーも加わりました。

丸鶏を丸ごと使いこなす!_b0297136_15181051.jpg
今回の食材のご紹介




by touhoku_syokuiku | 2019-12-08 15:53 | 食育フェス

第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~

11月12日に生活クラブやまがた松見事務所で行われた食育フェス~冬のアンチエイジング~のご報告です。

「生活クラブやまがたの活動を支える担い手を育てたい」というご要望に、どのようなかたちで私たちNPO法人とうほく食育実践協会が関わっていくことができるのか、手探りではありますが、3回シリーズで食育フェスを行うことになりました。

第1回は、「趙さんの味」の李香星さん(養生薬膳アドバイザー)を講師にお迎えし、サムゲタン、即席キムチ、ヤンニョム、牡蠣ともずくのチヂミを調理しながら、食材の薬膳的な効用について教えて頂きました。

食育コーナーでは、今回の丸鶏の生産者で米沢郷牧場の阿部さんから生産現場のお話を伺いまいした。

食育コンダクターのスタッフは、毎回食育紙芝居を手作りしてくださるのですが、回を重ねるたびにどんどんバージョンアップして、とてもわかりやすくお話してくれます。

作って、食べて、学んで、一人でも多くの方が食育の活動に興味を持っていただけたらと願っております。

第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14274890.jpg

薬膳料理、沢山の食材を使います。
第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14273769.jpg
サムゲタン
第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14265122.jpg
即席キムチ


牡蠣ともずくのチヂミ
第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14294671.jpg
第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14261810.jpg
冬のアンチエイジング、体が温まります。
第1回食育フェスinやまがた~冬のアンチエイジング~_b0297136_14255460.jpg
今回の食材のご紹介



by touhoku_syokuiku | 2019-12-08 15:09 | 食育フェス

旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~

旅する食育!高畠編  山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~

2019年11月11日に米沢牧場グループの生産者の方に山形青菜漬を教えて頂きました。

旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11164982.jpg
9月10日に播種。10月2日食育コンダクター有志で草取り。


10月中旬、「青菜畑にモンシロチョウが舞い、葉っぱにはいもむしが大量発生している!」ということで、虫取り隊出動。
いもむしだけでなく、イナゴもたくさんいて、お手上げ・・・
旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11154994.jpg
10月23日、虫取り


米沢郷牧場のみなさんに大切に育ててもらった青菜、時期的には少し早いそうですが、11月9日に収穫し畑の脇に天日干ししていただきました。



旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11162252.jpg
企画当日、天日干しをした青菜を2.5kgの束にまとめ、加工場に運びます。

旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11152765.jpg

葉に残ったいもむし、なめくじ、・・・どんどん洗い流します。

旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11152844.jpg
旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11154766.jpg

塩を振りながら洗った青菜を漬物袋に交互に詰めていきます。

旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11151245.jpg
旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11150904.jpg
旅する食育!高畠編 山形青菜漬~地域の郷土料理を学ぶ~_b0297136_11150523.jpg
お昼は、山形風芋煮、新米つや姫、久江さんのお漬物などなど、大変美味しくいただきました。

久江さん、阿部さん、米沢郷牧場のみなさま、貴重な体験をありがとうございました。








by touhoku_syokuiku | 2019-11-25 11:49 | 食育コンダクター養成講座 中級

手作りタルトタタンに挑戦!

10月9日に行われた、食育フェス「手作りタルトタタンに挑戦!」のご報告です。

タルトタタンをぜひ手作りしてみたい!ということで、キャンセル待ちが出るほどの申し込みがあり、みなさんの期待に応えるべく、連日まで何度も試作を繰り返し本番を迎えました。


さっそくタルトタタンの生地を作ります


手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_17021287.jpg

そして今回の主役、天童果実同志会の旬のりんご「紅玉」
手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_17082176.jpg
しっかり洗えば皮ごと使えます


20分ほど煮詰めるとこんな感じになります
手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_16575917.jpg

美味しそうに焼き上がりました!
手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_16581070.jpg

試食は生クリームと千秋を添えていただきました
手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_16581557.jpg
今回の使用した食材のご紹介。
手作りタルトタタンに挑戦!_b0297136_16582005.jpg



天童果実同志会の生産者のみなさんは、山形県天童市山口周辺でネオニコチノイド系農薬を使わず、先祖から受け継いだりんごの木を大切に守りながら、人にも環境にもできるだけ負荷をかけない果実栽培を行っている団体です。

2013年、同志会の会長の片桐完一さんが「自分たちのりんごに新しい魅力を作りたい、若い世代の先頭に立って挑戦しよう」と、自らの園地の一区画でネオニコチノイド系農薬不使用の試験栽培を実施しました。
そして完一さんの取り組みは徐々に同志会全員に広がり、現在では12名のメンバー(うち5名は40代以下)がしっかりと引き継いでくれています。

同志会の園地で今問題になっているのは、黒星病という病害。
果実に黒い斑点ができたり、葉が落葉したりと、感染するとりんごの味や翌年の生育に影響します。

有機JAS適合農薬で対策をしていますが、効果的な対策はまだわからないのが現状で、
自分の園地の状況を把握し、適切な時期に防除すること、
そして薬に頼るだけでなく、りんごの木を強く育てることにも尽力しています。


規格外のサイズのものや、多少黒い斑点があるような、出荷したら安い値段しかつかなくなってしまうりんごも、味に変わりはありません。

とうほく食育実践協会の店舗(食らぼりとるびぃんず)で随時入荷し販売しておりますので、ぜひお立ち寄りください。



そして、恒例の食育クイズで知っているようで知らないにりんごの豆知識をインプット!



今回、リンゴを仕入れに初めて天童果実同志会の片桐完一さんの園地にお邪魔しました。
りんご、柿、ぶどう、ラ・フランス、梅、・・・とても気持ちの良い園地で、何度でも足を運びたくなるような環境でした。

11月初旬には完一さんの柿を使った、干し柿作りも企画しています!





by touhoku_syokuiku | 2019-10-20 12:24 | 食育フェス

夏の疲労回復薬膳に挑戦!

8月28日に行われた食育フェス「夏の疲労回復薬膳に挑戦!」のご報告です。

今回の講師は、「趙さんの味」の李香星さんです。
 
夏の疲れを取り、涼しい秋を迎える準備をするために、今、食べておきたい旬の食材を使った薬膳を学びました。


メニューは、かぼちゃのおかゆと、梨のデザート、お肉を使った煮物、青菜のナムル。

夏の疲労回復薬膳に挑戦!_b0297136_13523374.jpg


「夏の疲れを取り、涼しい秋を迎える準備をする」

夏に冷たいものたくさん飲んだり食べたりして疲れた胃腸を整え、乾燥する秋に備えて肺や肌を潤してくれる食材をたっぷり使いました。

「趙さんの味」で作られているキムチについてもお話を伺いました。


李さんは、塩、だし、唐辛子、魚醤、アミの塩辛、ラ・フランス、キビ砂糖、純米酒など材料にこだわり、余計なものは使わない、を信念にキムチ作りを続けています。

2013年には、全国キムチグランプリ入賞、2014年には、料理コンテスト企業部門企業賞を受賞されました。



青菜のキムチで紹介したヤンニョムジャン。
どんな意味が込められているのでしょうか?

ヤンニョムジャンはいろいろな調味料の総称で「薬念醤」と書きます。
体に良いものを毎日とって、いつまでも健康でいてほしいという願いがこめられた調味料です。

李さんは、医食同源、口にするものはすべて薬と考え、「これはおいしいから食べる」というより、これは体に良いから食べる」ということを勧めています。


東日本大震災の津波で新工場を流されてしまった李さん、支援を受けながら立ち直り、現在は新商品の開発やキムチ教室にも取り組んでいます。

こだわりのキムチ、キムチの材料の購入は、どうぞ「趙さんの味」に予約してお求めください。


最後に、今回使った調味料のご紹介。

夏の疲労回復薬膳に挑戦!_b0297136_13503307.jpg

詳しくは、とうほく食育実践協会のお店、「食らぼ りとる びぃんず」にお問い合わせください。








by touhoku_syokuiku | 2019-09-25 16:38 | 食育フェス

魚のさばき方に挑戦!

7月12日に行われた食育フェス「魚のさばき方に挑戦!」のご報告です。

岩手県宮古から丸友しまかさん、塩釜から渡辺商会さんをお招きし、包丁の研ぎ方と魚のさばき方を教えて頂きました。

魚のさばき方に挑戦!_b0297136_13155795.jpg

包丁の研ぎ方
切れる包丁はまな板に刃を当てるとピタっと止まります。
参加者のみなさんも、砥石に当てる角度、力を入れる方向に注意して、持参した包丁を丁寧にお手入れしました。

今回の魚は、サバ。
あいコープみやぎのお魚鮮魚セットでおなじみの丸友しまかさん。
その日の水揚げ状況、価格、必要量を考えて仕入れたものを、扱いやすいように内臓を取り除いた状態で持ってきてくださいました。


まずは、島香さんの包丁さばきを見せて頂いたあと、みなさん一人一尾づつ30cmほどのさばを三枚におろししました。



研ぎたての包丁で、あたまを落とし、骨の位置を意識しながら骨と身を離していきます。
片身を切り分けた後の裏側が苦労しました。




中骨に身が残らないようにおろしていきますが、多少残っても大丈夫、船場汁にして食べきります。




三枚おろしが完成したら、次はサバを作ったお料理。

今回のメニューは、さばみそ、さば竜田揚げのおろしかけ、さばの粒マスタードソテー、船場汁です。


今回使った調味料のご紹介。


さばづくし料理の完成です。

魚のさばき方に挑戦!_b0297136_16030782.jpg


調理のあとは試食しながら、島香さんと渡辺さんのお話を伺いました。


美味しい魚の見分け方は?

 身を押してもどってくるのは美味しい。(お店ではなかなか試せませんが・・・)
 手を冷やしてから魚をさばくと鮮度を保てます。

魚の旬、知っていますか?

 例えば鱈。
 冬の鱈鍋は定番ですが、実は夏に向けての鱈は身が太って美味しいのだそうです。



近頃のお魚離れが気がかりな島香さんが一番伝えたいこと。

 「お魚は、骨のありかがわかれば子どもでも食べられるようになる。」

島香さんは、リアカーに魚を積んで学校などに出かけていき、子どもたちに魚の食べ方を伝えて歩きたいのだそうです。

お魚をもっと食べてもらうにはどうしたらいいか?
これからも生産者のみなさんと楽しい企画を考えていきすのでご参加お待ちしています!




by touhoku_syokuiku | 2019-08-23 16:34 | 食育フェス